この一年、レイヤーさんやカメラマンさんの暖かいご支援の下で、多くの素晴らしい写真を撮影することができました。私はほんの少しシャッターを押すだけの手伝いをしただけですが、このような機会に恵まれましたことを感謝します。ここに載せていただいている写真は、レイヤーさんに必ず、許可を頂いて載せていますが、何らかの理由で載せられなかった方、もしくは私の撮影がうまくいかずに載せられなかった方もあるかと思います。そのような方も含めて、もしご気分が向けば来年もぜひよろしくお願いします。

写真とはファインダーの中の一瞬の出来事を閉じ込めるものではなく、その中に無限の物語を紡ぎ出すこともできると信じています。もしブログに来られた方、写真を撮影させていただいたレイヤーさんに例えわずかなものでも、そのように感じていただければ光栄です。

DSC04486.jpg
コノエ:響さん ライ:レンさん
DSC02512s.jpg
園崎詩音:犬也薙さん 北条悟史:涼村57さん
DSC_0168s.jpg
スザク:かずやさん
DSC_0404s.jpg
ロヴィーノ・ヴァルガス:彰由さん
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ひと区切り

2008/12/27 Sat

ようやく仕事が終わりました。今週もいろんな人のお世話になり、またお礼のメールもたくさんいただき、私にとっては感謝感謝の一年の締めくくりとなりました。と言ってもいられない!Σ( ̄ロ ̄lll) 写真をお待ちの方、作業中ですので、今しばらくお待ちを!
DSC05295s.jpg

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

汐留1

2008/12/24 Wed

DSC05912.jpg
某家具屋さんのディスプレイにイルミネーションが写りこんでいました。
DSC05802.jpg
日テレ前、白一色のイルミネーション。カップルがいっぱい(*^^*)
DSC05965.jpg
パナソニック広場の汽車のイルミネーション
DSC05967.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

進修館

2008/12/21 Sun

DSC05250.jpg
アキラ:響さん
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

偉い人のお言葉

2008/12/18 Thu

君はどんな被害を蒙ったのか。君が憤慨している連中のうち誰一人君の精神を損なうようなことをした者はいないのを君は発見するであろう。君にとって悪いこと、害になることは絶対に君の精神においてのみ存在するのだ。

私が昔、古本屋で買った本に出ていた言葉です。
すべてを自分のせいにするほど強くなく、他人に責任転嫁するほど弱くもありません。ただ良いことも悪いことも自分の心がけ次第、自分の弱さを知ること、今の自分に痛切に感じます。
DSC01619.jpg
ルルーシュ:かずやさん
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は疲れたので…

2008/12/16 Tue

寝ます…
DSC02221s.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

某ホテルロケ1

2008/12/14 Sun

昨日、横浜の某ホテルにロケに行きました。
その前にホテルのロケということと、久しぶりの室内ということで、色々自分の頭の中で課題を準備していました。

■まず、一つ目は露出で、α900はD200に比べると盛大にノイズが出ます。感度に弱いのはどちらも同じなんですが、D200の場合は、ノイズがほとんど出なかったので、jpgをPhotoShopでレベル補正や、ガンマを上げれば問題なかったんですが、α900の場合は露出をきっちり決めないとうまくいきません(RAW現像を始めたのもそれが一因です)。それどころかD200を使ってから、露出を暗く撮るのが癖になってしまったんで、それを今回の撮影で克服したいと思っていました。

道具としてはD200のときと同様に安くて使い勝手のいいサンパックのストロボ、pz42xに加えて、ミックス光(電球の黄色とフラッシュの白色が混じると汚くなる)を防ぐための色温度変換フィルターを付けてみました。それからストロボをバウンスさせるための傘をジャックの塔以来、久しぶりに使ってみることにしました。

【結果】
露出の設定はほとんど問題ありませんでした。α900のインテリジェントプレビュー(撮影する前に色温度や露出の情報を詳しく表示してくれる)のおかげで、きっちり設定することができました。けれどもノイズはいくら露出を決めても、ある程度出ています。α900の膨大な画素数のおかげで、画像を小さくするとあまり目立ちませんが、等倍で加工する自分の目で見るとやはり気になります。
傘は思った以上に効果を発揮してくれました。とは言っても、撮影範囲は一人分で、集団写真やたくさんの人が撮影してる場所では使うことができずに、最初の何枚かでしたが…。ノイズはほとんど出ずに、窓越しの柔らかい光のもとで撮影しているように撮れます。それからカメラをAPS-Cからフルサイズに変更したことでに伴い視野が広がり、撮影の幅が出てきました。ストロボ自体も色温度変換フィルターをつけたことによって、以前のように黄色い背景なのに白い光が被写体に当たっておかしくなってしまう色の不自然さがある程度抑えることができました。
DSC04831.jpg
傘を使ってストロボの光を自然に見せる(金朱雀:カナメさん)

■二番目はホワイトバランスです。これが大変でした。これも先ほどに通じることなんですが、ホワイトバランス(AWB)も私の見る限り、α900よりD200の方がバランスが取れているように感じます。D200では結構考えずに済むところを、頻繁に変えながら撮影していました。かと言って、常に見た目と同じように設定しているのではなく、自分の好みに変えています。闇に浮かぶ白熱灯の光は印象深く、感情に訴えるところがありますが、普通の明るさの白熱灯はあまり綺麗に感じられないので、心持ち白めにしてあります。ですので、結婚式場で撮影した写真は蛍光灯のようにわざと清潔感を出すために白くしています。
DSC04979.jpg
ホワイトバランスをわざと白くする(真紅:霞桜さん)


■三番目はカメラの特性です。人にも性格があるように。カメラにも性格、得意なところと不得意なところがあります。例えばD200は夕方や夜の階調を正確に出してくれますが、明るいところはすぐ白く飛んでしまい不得意でした。逆にα900は逆光性能や白トビ(出てもとても綺麗な出方をする)には強いのですが、暗いところではラメが入ったようになってしまい、本来は感情に訴えるような強い光が優しくなってしまうところがありました。言いかえれば今まで昼間の美しい写真は撮れたのですが、夜や光の届かないところではうまく撮れたという写真が無かったんです。ですので今回は逆光や影に関する設定を全部デフォルトにして、コントラストを強くしてみました。
DSC05102.jpg
コントラストを強くして夜の雰囲気を出す


最後にこれは撮影に直接関係することではないのですが、今まで撮影した知り合いが一人もいない状態(摩耶さんは別ですが)で撮影するというのは結構こたえました。撮影するときにため息をつかれたりすると、ドキッとします。ところが自分のそんな心理状態とはうらはらにいい写真が撮れるのも写真のなせる業なんでしょうかね。
DSC04991.jpg
DSC05120.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
知り合いの方から、撮影の誘いがあり、つらつらと考えています。せっかくの機会で行ってみたいんですが、ローゼンメイデンの合わせということで、土曜日に響さん達からも同じことを聞いたような…うまく結び付けられないかと、ふと思って。

それからかずやさん、レンズありがとう!これから使ってみますんで、どんな写りをするか楽しみにしています。としまえんの写真の方は今週の半ばくらいに送れたらと思っています。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

としまえん

2008/12/07 Sun

DSC04437.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

RAW現像のこと

2008/12/06 Sat

先週の撮影会のデータをファイルバンクにアップしつつ、ここ最近、今までやっていなかったRAW現像をやってみようと思っています。やってみたいと思った動機は自発的なものではなく必要に迫られてのことです。詳しくは後ほど…
DSC_0072_20081206024841.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ウィンザー撮影会

2008/12/02 Tue

DSC03923.jpg
リルム:マダラさん ティナ:海空ライルさん ガウ:助さん
DSC03569.jpg
誕生日おめでとうございます!
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム |